おたくのテクノ

ピアノ男(notピアノ弾き)のブログ

2020のピアノマン振り返り

振り返るシーズンなので、この12ヶ月を振り返る。大変な年でしたが、それでも振り返ることは、大切です。

1月

WWWβにて、我々リョウコ2000のライブ中に迎えた2020年。我々はカウントダウンという器用な真似はできないのでしないでおいたら、フロアの人々が勝手にカウントダウンしといてくれたのを覚えている。

この月、昨年末より二人共に半ば苦しみながら作っていた、リョウコ2000のファーストEP「Parasitic Dominator」がマルチネレコーズよりリリースされた。

maltinerecords.cs8.biz

このリリースによってしっかりガバのイメージがついてしまったが、単にこの時ガバの要素が強く入ったものを作りたかったから作っただけで、常にガバなどの高速ダンスミュージックをやるわけではないことは改めて述べておきたい。勿論、今後ガバを全くやらないというわけでもない。

およそ10年前、マルチネレコーズを一方的に敵とみなす(プロレス)ネットレーベルを運営していた過去から一転、単騎ではないとはいえ、マルチネレコーズに吸収されるとは予想できなかっただろう。ちなみに10年前、別名義で雑に作ったデモをマルチネに送ったが、当然のごとくスルーされている。

リリースと共にMALTINE SEED NIGHTというイベントに出演した時、tomad氏が謎に締めDJをやろうとするも機材トラブルで音がうまく出てなかったので、「Fuck Maltine Records!!!」と叫んでおいた。理由は特に無く、むしろお世話になっているが、Fuck Maltine Recordsという気持ちはとりあえず変わらない。

 

2月

養生テープをTwitter2とみなす芸を覚えたので、養生テープでツイートしていた時期だった。今思えばとんでもなく非効率でアホくさい気がした。

この月はPotluck Lab vol.3にて「ご冗談のような音楽とおふざけテクニック」というテーマで講釈を垂れた。

arimuri.hatenablog.com

積極的にちょけろとは言わないが、皆まじめに音楽と向き合いすぎていてチョケが足りてへんのちゃうか〜と思って、昔から音楽を積極的に不真面目にやっている私が、えらそうに異端の音楽の事やフザけ方を説いたのである。

2020年12月の今、私の講義とは関係なしに、バカみたいな音割れが流行っているが、今私は真面目に音楽と向き合っているし皆も真面目に音楽と向き合ってほしい。過剰な音割れは耳を悪くしてしまいますよ。

3月

あんまり覚えてないけどメンタル的にも大変だったと思うし、親知らず抜歯もしたので大変だったと思う。ちなみにまだ親知らずはヤバいのが2本残っている。親知らずは、やはり基本早く抜いたほうが良い。俺は親知らずのせいで歯並びがまたガタついてきた。。。

4月

www.youtube.com

新コウの脅威により外出自粛要請が強まった4月、「危機的状況のライブハウス・クラブへの支援、音楽表現を題材に盛り上がるポジティブな空気を視聴者と共有することを目的としたプロジェクト」として当初始動した、Brainbusterの第1回が配信された。*1

京都メトロでの無観客ライブ収録、「ライブに対してガヤる様子を生配信」というアユ浜崎チームも採用した新様式、ともに新鮮な体験だったと思う。

先行き不安な情勢、安定しない自身のメンタル、その最中でこのような新しいことをやるっちゅうのはとても救われた。

5月

この月は配信の月だった。

www.youtube.com

1つ目は個人企画「マイヤヒ専門MEGAMIX」。最大同時視聴者数300人Overとなったこの放送は、世界各国に遍在する恋のマイヤヒカバー・Remixのヤバさを広めたいという純粋な衝動で行われた。

マイヤヒの持ち玉はまだまだあるので、来たるべき時が来たらまた解放しようと思う。

 

2つ目はMusic Unity 2020である。こちらは私の出演中、同時視聴者数7000over。これだけ多くの人々に配信を通して私の真剣なおふざけが知れ渡ったのはとても良いことだ。皆様ありがとうございました。

 

激底辺生主・底辺ラヂヲ配信者をやっていた10年前から経った今、配信でちゃんと自分がおもろいと思うことをやって、それを色んな人が見てくれているというのは本当にありがたい話である。

6月

あんま覚えてへんけど、引っ越しに向けて準備をしていたと思う

7月

引っ越しに向けて色々やっていた、不動産屋の男がどうも癪に障るというか、マジ適当なことばっか言うのでイライラしていたと思う。

あとこの時習っていたインドネシア語の先生の協力を得て、関西の友人達によって運営されている配信スタジオ「トマソンスタジオ」にて、インドネシア語版・恋のマイアヒの謎を解き明かす放送を行った。

www.youtube.com

今、諸般の事情により私はインドネシア語をお休みしている状態になってしまっている。忘れてしまわないうちにまた勉強を続けなければ。。。

8月

引っ越しをゆっくりやった。引越し業者からもらった段ボールだけでは結局全然収まらず、両親や有村さんの協力を得た。ありがとうございました。
完全引っ越しの直前にナノボロフェスタ2020に出演、KBSホールにて広末涼子のパネルとともにアンパンマンボンゴを叩くという事を成し遂げた。

9月

仕事を休職しました…。身体だけでなく心も労りましょう。。。

10月

主に療養(心に良い活動)

11月

一つ目は、パソコン音楽クラブ企画「COM_PLEX」への出演。

www.youtube.com

やまない新コウの猛襲のさなか、厳格に感染症対策を行った状態で開催されたこの企画。ぶっちゃけ色んな緊張がこの時自分に押し寄せてたので明瞭には覚えてないが、今振り返ると(ポジティブな意味で)イカれてる良いイベントだったと思う。西山くんは「レイヴ・アシッドな楽しい感じでいきたい」と言っていたが、実際そんな感じだった。そんな感じを保ちつつも、こと感染症対策に関しては羽目が外れることのない行儀良さがあったので(ていうかそこは羽目が外れるべきでないと考えている)、不思議な感覚だった。

 

もう一つは、ピアノ男としてライブを始めてから丁度10年である。

www.youtube.com

10周年を記念して、私の過去を振り返る配信が行われた。

10年前、なんでこんなライブを始めたのか、そんなことは10年も経っているので覚えていないが、昔から純粋に面白い音楽や動画、コラ画像を作って披露することが好きだったので、純粋な衝動でライブを始めたんだったと思う。

今は色んなしがらみや今後のブランディング(笑)もあり、昔のようにド級のピエロになることはちょっと難しいが、絶対に10年前の純粋で真剣な悪ふざけ衝動を1ピースでも残すという気持ちは大切にし続けたい。

12月

2020年はよく中耳炎や外耳炎になったが、もしかしたら今またなっている気がする。健康には本当に気をつけたい。

1月から復職することになったので、今は毎日DAWを理由もなく開いたり閉じたりゲームをしたり本を読んだりしている。

 

総括

今年一年は今までに比べて世の中的にも個人的にも激動の一年だったので、リリースなんてもはや去年の事のように感じてしまっていた。それでも何故か年末は、今年もあっという間に過ぎたという感情になる。

 

来年の抱負・目標

音の面で言えば、ユーロダンスやドリームトランス、ジャングルなど、今自分が心地良良いと感じている様々なダンスミュージックを吸収して、無重力マッサージのようなハイパーリラックススタイルに落とし込みたい。

 

私生活の面で言えば、昨年はもっと彩りが欲しい(=交際者ができてほしい)と言っていたが、結局今年もできることは無かった。俗称で言う所の「魔法使い」まで残り数年だ。魔法使いになるとかならないとかは正直どうでもいいが、目標を達成できなかったのは残念だ。とはいえ、世情が世情なので仕方ない面もある。

最近は正直そういうのどうでも良くなってきた(というか気にしてる余裕がなくなってきた)ので、とりあえずもう少し健康になることを目標にしたい。最近外に数時間出るだけでめちゃくちゃ疲れる。復職したらじきに体力つくだろうか。

リングフィットアドベンチャーや、散歩を継続することから始めよう。

あとは文章に触れる機会も体感減ったので、もっと読み書きもしていこう。

 

最後に…

Relax your body...

*1:現在は支援要素は薄まり、各地のアーティストのライブにガヤを入れながら楽しむ、対三密式トラックメイカーライブコメンタリー実況生配信プロジェクトとなっている。

Buka-bukaan(インドネシア語版・恋のマイアヒ)和訳

はじめに

本記事および邦訳は、2020/7/16にトマソンスタジオより放送した番組「HUNTER LAGU INDONESIA」の内容を基に再構成し、補足するものである。

www.youtube.com

アーカイブが視聴可能となっているため、よければ視聴頂きたい。

続きを読む

ピアノマン日記 〜MU前後〜

先日、MU2020という、日本全国のクラブ・ライブハウス協力のもと配信されるライブストリーミングフェスに出演し、7000〜8000人に私のライブがリアルタイムで視聴された。

club-mogra.jp

自分の今までの活動に対する相対的な規模の大きさ、オンラインストリーミングに頼らざるを得なくなってしまった過去に例を見ない時期という点、バグった世の中の雰囲気など含め、自分にとって重大な事柄の一つであったと思う。

こういった個人的に重要な事柄は、その時何が起きて何を思ったか、という事を一瞬で忘れてしまったり、自分で気づかないうちに歴史修正してしまう可能性があるので、柄にもなく日記というフォーマットを頼りながら、良い悪い含め書き留めておこうと思った次第だ。恥ずかしくなったり自分のビジネスに支障が出たりしたら、非公開にするだろう。

続きを読む

Twitter2に関するメモ

1. Twitter2って何?

わからん、何?

2. 養生テープは何?

 自分が開発したTwitter2用クライアントアプリケーションのモジュール。

3. なんでTwitterにTwitter2の投稿が?

自分が開発したTwitter2クライアントでは、後方互換性を持たせている。Twitter2でのツイートをTwitter写像することができる。互換性がないクライアントを使っててTwitter2に行ったっきりTwitterには戻ってこない人もいるらしい

4. ピアノ男製Twitter2クライアントのメリット

  • 1ツイートするのに時間がかかるので、ツイート量をTwitterより抑えられる。
  • ツイートをしたらしたぶんだけ空間が緑化していくので、自分がいかに駄文を垂れ流しまくっているのか視覚的に分かりやすい

5.ピアノ男製Twitter2クライアントのデメリット

  • バリアフリーの観点で難あり。一般普及している読み上げソフトが現状対応できるとは考えにくいため。
  • モジュール代がかかる(微額な気もしますが)

ポケットモンスター 〇〇・××系でまだ出てないやつ(2019/10/23付)

ポケットモンスター うんこ・しっこ

みたいな、存在しないポケモンシリーズを創作する言葉遊びがツイッター上で日々繰り広げられている。

以下はまだ誰もツイートしていない創作ポケモンシリーズを集めたメモ。本記事の投稿日である2019/10/23以降にツイートされたものは私の二番煎じということになる。さらに鍵垢で検索に出てこないものも存在しなかったツイートということになる。

以下羅列

続きを読む

自分の指紋を綺麗に2値画像化する

自分の指紋を綺麗に画像データにする必要があって、いくつか試してみた。あくまでも自分の指紋を綺麗に取ることが目的なので、犯罪捜査のように何かに付着した指紋を採取するというものではない。

 

結論から言えば、

  1. 指腹を鉛筆で塗る
  2. セロファンテープに塗った指を押さえつける
  3. セロファンに黒い指紋が残るので、白紙に貼る
  4. スキャンする

現状これが安価で簡単ですぐできる手法だと思う。スキャンした画像がこちら↓

f:id:oldskoolrave:20181029231204p:plain

セキュリティの観点からこれぐらいしかお見せできないが、いや昨今はこれぐらいでも危ないかもしれないが、どこが面に接しててどこが接してないかがハッキリ分かる。拡大して見てみると

f:id:oldskoolrave:20181029231550p:plain

黒い隆線の中にポツポツと白い丸があるのが分かるだろうか。おそらく汗腺だと思う。汗腺じゃないかもしれないけど。

f:id:oldskoolrave:20181029230211p:plain

若干前処理をして、2値化するとこんな感じになる。このように2値化しておけば、アレソレが可能になる。

続きを読む